自営業 進む高齢化 65歳以上が全体の39.8%

国内で自営業者の高齢化が進んでいることが報じられました。

 

総務省の労働力調査によると年齢別で増加が目立つのは65歳以上で、2018年は17年比2%増の213万人、自営業者全体に占める割合は39.8%となったそうです。

 

自営業者には定年がないほか、定年退職後に事業を起こす人が出ていることも背景にあると報じられています。。