自動運転関連企業に損保ジャパンを中心とする企業グループ出資へ

損害保険ジャパン日本興亜を中心とする企業グループは、自動運転の技術開発を進めているティアフォー(名古屋市)に約80億円を出資したことが報じられました。

 

道路交通法の改正などによって自動運転車の実用化が近づくなかで、株主各社はティアフォーと共同で関連サービスの開発を急ぐとのことです。