自動車保険の新車向け割引、拡大に 消費税増税に向け新車の駆け込み需要に対応

損害保険大手が自動車保険の新車向けの割引を拡大していると報じられました。

 

東京海上日動火災保険は7月に、新車に適用する自動車保険料の割引率を最大で2割から4割に拡大します。

10月の消費税増税を控え、新車購入の駆け込み需要を取り込む狙いです。

 

損害保険ジャパン日本興亜は1月から新規契約者向けの新車の割引率を2割から4割にしました。

割引率の拡大で、保険料が高くなりやすい若年層を取り込む意向。

 

三井住友海上火災保険も2020年1月に割引率を拡大する方針で、割引率の拡大で増税後も自動車保険の需要の維持を狙う意向。