自動車保険 ビックデータ活用 運転技術で料金差 (毎日新聞より)

あいおいニッセイ同和損害保険は、自動車保険の契約者から集めた走行距離や運転実績の大量のデータ(ビッグデータ)を活用した保険サービスの開発に乗り出す。

4月に滋賀大学と共同で、国内保険業界初となるビッグデータ専門の研究拠点を開設する。

2017年度後半には、運転特性を評価して保険料を割り引く「テレマティクス保険」を、大手損保では初めて個人向けに発売する方針。

他社の戦略にも影響を与えそうだ。