自動宅配ロボ 屋外公道実験を2019年度から解禁

政府は自動配送ロボットの屋外公道での実証実験を2019年度から解禁することが報じられました。

 

実験に必要な安全対策を盛り込んだガイドライン(指針)を今年度内に策定するとのことです。

 

宅配拠点から配送先までの短距離輸送で活用したり、観光客の荷物を運んだりする需要を想定し、実証実験を重ねて実用化に向けた社会インフラや法律の整備につなげていくとのことです。