糖尿病患者に保険

SOMPOひまわり生命保険は、糖尿病患者向け医療保険「ブルー」を販売すると発表したことが報じられました。

 

入院や手術に一時金で備える従来の保険機能に加え、業務提携した台湾発ベンチャー・H2のアプリケーションを活用して予防を推進し、重症化を防ぐというもの。

 

同医療保険は、糖尿病の指標となるHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)の数値が7・5%未満になれば、年間保険料の一カ月分を還付金として支払うというもので、また一定条件を満たせば通常の医療保険に移行できるというもの。

 

H2が提供するアプリ「シンクヘルス」は、医療機関を受診した際の血糖値や血圧、体重などのデータを簡単に記録できるサービスで、アジアを中心に約30万が利用しているそうです。