米FRB 追加利上げ決定

アメリカの中央銀行にあたるFRB=連邦準備制度理事会は、パウエル議長のもと初めて開いた金融政策を決める会合で、好調なアメリカ経済を背景に、去年12月以来の利上げに踏み切ることを決めたと報道されました。

 

今後の利上げのペースは、来年については2回から3回に引き上げて、金融引き締めのペースを上げる見通しとなりました。

 

FRBは、21日までの2日間、ワシントンで、パウエル議長のもと初めて金融政策を決める公開市場委員会を開き、終了後に発表された声明によりますと、アメリカ経済は拡大しているとして、FRBは、去年12月以来、3か月ぶりに、利上げに踏み切ることを全会一致で決めました。具体的には、1.25%~1.5%の範囲となっている今の政策金利を0.25%引き上げ、1.5%~1.75%の範囲とします。