米有力誌ニューヨーク・タイムズ「2019年に行くべき52ヶ所」の7位に「瀬戸内の島々」選出

アメリカの有力紙が選ぶ「ことし行くべき52か所の旅行先」に日本から唯一、「瀬戸内の島々」が選ばれ、7位にランクインしたことが報道されました。。

 

「芸術と自然が調和する場所」として紹介され、海外からの注目が高まることが期待されます。

 

アメリカの有力紙ニューヨーク・タイムズは毎年、世界中の記者などの情報を基に、その年に行くべき旅行先として世界各地の都市や地域を紹介していて、「2019年に行くべき52か所」が発表されました。

1位はアメリカの自治領プエルトリコ、2位はインド南部のハンピなどとなっていて、日本からは唯一、「瀬戸内の島々」が7位にランクインしました。

「瀬戸内の島々」は「芸術と自然が調和する場所」として紹介され、ことし行くべき理由として、瀬戸内海の島々などを舞台に3年に1度開かれる現代アートの祭典、「瀬戸内国際芸術祭」が4月に開幕することや、改修が進められていた広島市の原爆資料館が4月にリニューアルオープンすることなどを挙げています。

また、美しい景色を自転車で楽しむことができるサイクリングロードや、おととし就航した小型豪華客船「ガンツウ」など、旅行者の移動手段も充実していると評価しています。

瀬戸内海周辺は、近年、旅行先として欧米メディアで取り上げられることが多くなっていて、今回の発表で、海外からの注目がさらに高まることが期待されます。

 

広島県三原市出身で、毎日、瀬戸内の島々を観ながら育った者として、有難いですね。