米小売り大手シアーズが破産法申請 アマゾンに勝てる流通はあるのか

米小売り大手シアーズが、連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請したことが報道されました。

 

アマゾン・ドット・コムなどネット通販の台頭で来店客数が減少し、業績が悪化していました。

破産申請で裁判所の管理下に入り、負債削減やリストラに取り組みながら事業継続の道を探るそうです。

シアーズは全米で百貨店「シアーズ」とディスカウントストア「Kマート」を現在約700店を運営している。

かつてシアーズはウォルマートと並んで米国を代表する小売りチェーンだったが、ネット通販の広がりや激安店の増加で、経営不振に陥っていました。

 

こうした小売りは、結局、アマゾンといったネット通販に取って代わられます。

価格の高いものは人と会ってという方向性が残りますが、価格の安いものほどネット通販に凌駕されてしまいます。

 

アマゾンといったネット通販に凌駕されない小売マーケットは何処か。

その一つの答えが「調剤薬局」だと考え、インステック総合研究所では調剤薬局への「みんなの健康ラウンジ」出店を企画展開しています。

 

今後の流通を押さえる意味も込めて「みんなの健康ラウンジ」出店を検討されませんか。