米保険スタートアップのレモネード ニューヨーク証券取引所に上場

米保険スタートアップのレモネードが、ニューヨーク証券取引所に上場したことが報じられました。

 

調達金額は3億1900万ドル(約340億円)だったそうです。

 

IT(情報技術)と保険が融合する「インシュアテック」企業として注目されており、2019年4月にソフトバンクグループから3億ドルの出資を受けてもいます。

 

レモネードは人工知能(AI)を活用し、保険加入の手続きなどを効率化したビジネスモデルで知られています。

 

公開価格は29ドルと予想レンジ(26~28ドル)を上回り、調達金額も当初予定の2億9700万ドルから3億1900万ドルに引き上げられました。

 

市場期待は高く、2日の終値は69.41ドルと公開価格の2.4倍に膨らんだそうです。