第四銀行と北越銀行、合併発表  (NHKニュースより)

人口の減少や日銀のマイナス金利政策などで地方銀行を取り巻く経営環境が厳しさを増す中、いずれも新潟県に本店を置く「第四銀行」と「北越銀行」は、経営基盤を強化するため、来年4月をめどに持ち株会社

「第四北越フィナンシャルグループ」を設立し、経営統合することで基本合意したということです。

さらに、その2年後の平成32年4月をめどに、2つの銀行が合併することを基本方針としていて、ことし秋の最終的な合意を目指すとしています。

新潟県内でライバル関係にある2つの銀行が統合に踏み切る理由について、人口の減少や金融緩和策の長期化で、今後、経営環境がますます厳しくなることが予想される中、双方の強みを生かして経営基盤を強化することが、地方銀行としての役割を果たすことにつながると判断したとしています。

そして、ノウハウの相互補完や重複する店舗の効率化など、相乗効果を発揮するための具体的な戦略を検討するとしています。

2つの銀行を併せた総資産は8兆円余りに上る一方、貸し出しを単純に合計すると、新潟県内で占めるシェアはおよそ50%に達するため、経営統合の実現には、競争を重視する公正取引委員会の判断が鍵を握ることになりそうです。

第四銀行の並木富士雄頭取と、北越銀行の荒城哲頭取は5日午後、新潟市内で記者会見を開きました。

第四銀行の並木頭取は、「地域に密着して金融を仲介する機能は地方銀行にとって第一命題だ。トータルの意味での金融サービスのレベルや幅を広げ、活路を見いだしていきたい」と述べました。

北越銀行の荒城頭取は、「金融機関が生き延びるような統合でなく、地域がよくなる統合であるべきだと言ってきた。新潟県が主語の統合であり、私たちはなお一層の責任を担うことになる」と述べました。

一方で、両頭取は、設立する持ち株会社にほかの銀行の参加を呼びかける考えは、今のところないことを明らかにしました。

【コメント】「一県一行」構想がある中、地銀の生き残り競争が激化しています。一番は「合併」でしょうが、まずは「フィービジネスとしての保険収益アップ」を図らないでしょうかね。
       応援しますが・・・!!