第一生命 相次ぎ発生した営業職員の金銭詐取事件を受け営業監視の組織設置へ

第一生命保険は、相次ぎ発生した営業職員の金銭詐取事件を受け、年度内にも本部に営業職員を監視する統括組織を設置することを柱とした再発防止策を正式発表したことが報じられました。

 

不正が疑われる職員に対する指導や勧告を直接担うもので、一連の金銭詐取事件での管理体制の不備を認め、再発防止を目指すとしています。