第一生命 企業年金保険利率下げ 企業年金保険の利率下げは19年ぶり

第一生命保険は企業から預かる年金資金の運用で約束する予定利率を2021年10月に年1.25%から0.25%に下げると正式に発表したことが報じられました。

 

企業年金保険の利率下げは19年ぶり。

 

契約先は約3千社で、給付水準を維持するのに掛け金の引き上げや運用手段の変更を迫られる企業年金も出てきそうだとし報じていました。

 

世界的な金利低下が背景にあり、他社も追随する公算が大きいとも報じられていました。