第一生命 企業向け高収益型運用商品投入

第一生命保険が、確定給付企業年金向けに毎週投資先を見直して高い利回りを目指す高収益型運用商品を来年4月から投入することが分かったと報じられました。

 

利回りを目的に機動的に運用資産を入れ替える企業年金向け商品は生保では初めてとのこと。

 

企業が将来の年金額を社員に約束する確定給付企業年金は、4月の制度改正で、原則全ての企業年金に対し積立金の運用利回り目標などを含めた「運用の基本方針」の策定が義務づけられました。

 

これに伴い、今後はより利回りを意識する企業が増えるとみられており、第一生命は今回の新商品で需要を取り込むというもの。

 

新商品は、国内外の株式・債券を一定価格で取引する権利を売買する「オプション取引」の動向を分析して市場の先行きを予測し、毎週資産の見直しを行い、5~10年の運用期間で5%の利回りを見込むというもの。

 

生保各社は、国債などに投資する低リスク型運用商品を得意とする一方、海外債券や株式など中・高リスクの資産運用商品のシェアでは信託銀行などに大きく後れを取っており、第一生命の新商品投入に、他の生保も追随する可能性がありそうだと論じられてました。