瞳の動きで売れ筋を探る

来店客の瞳の動きや年齢・性別などの情報を品ぞろえや商品開発に生かす取り組みが動き出すことが報じられました。

 

NECと調査大手のマクロミルは商品棚に設置したカメラで視線を読み取り、売れ筋商品の開発につなげるというもの。

 

LINEやディー・エヌ・エー(DeNA)は顔認証技術を活用します。

 

ネット通販と比べて店舗では顧客データを得にくかったですが、マーケティングのあり方が変わるきっかけになる可能性があると報じていました。