生損保6社、現地で合弁設立で、一斉にミャンマー進出へ

日本の大手損害保険・生命保険6社が現地企業と合弁会社を立ち上げ、ミャンマーに進出する意向を固めたことが報じられました。

 

同国政府が外資参入の認可手続きを開始し、東京海上、SOMPO、MS&ADの3大損保グループ、日本生命保険など大手生保3社が最終調整に入ったそうです。

 

アジアの保険市場で空白地帯となっていたミャンマーは最後のフロンティア。

 

各社一斉参入で競争が激しくなりそうだと報じられていました。