生保業界 リアルとデジタルの融合へ

生命保険業界では、リアルとデジタルの融合についての議論が急速に深まっていることが報じられました。

 

議論を加速させた背景にあるのが、新型コロナウイルス感染症の拡大です。

 

これを受け、「非接触」をキーワードとする新たな動向が注目されています。

 

営業職員というリアルを重視する軸は変えず、今後、どうデジタルを組み合わせられるかが焦点になると報じていました。

 

生保各社はこれまでも、タブレット端末によるペーパーレスの契約手続きやスマートフォンを用いた顧客との双方向的なコミュニケーション態勢などについて、デジタルを活用して進めてきました。

 

デジタルを活用した販売手法が広がれば、顧客は場所や時間の制約を受けず、自身のタイミングで加入手続きを進められます。