生保協会長が外貨建て保険の「説明不足」を認める

生命保険協会の稲垣精二会長(第一生命保険社長)は15日の定例記者会見で、銀行窓口での販売を巡って苦情が多発している外貨建て保険商品について「本質的なニーズはあるが、(商品)リスクに対する十分な説明がしきれなかった」と述べ、説明不足があったと認めたことが報じられました。