生保協会、ESG投資の推進作業部会を新設

 ESG投資は国連が2006年に「責任投資原則」(PRI)を提唱して欧米で広まり、近年では日本でも認知度が高まっています。

 

協会内の生保41社は計約380兆円もの資産を抱えており、機関投資家として持続可能な社会への貢献を目指すとしています。