生保マネー 日本国債回帰

国内主要生命保険会社の2020年度の運用方針が出そろい、利回りが低いため減少していた日本国債への投資額が純増に転じる見通しであることが報じられました。

 

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、海外の中央銀行が金融緩和に踏み切った結果、外国債の金利が低下して日本国債の魅力が相対的に増したためと分析されていました。

 

各社は新型コロナ禍の環境下でリスクを抑えた運用を探る傾向にあります。