独占禁止法の審査の例外規定を導入し、地銀やバスの統合基準見直しへ

政府は地方銀行や地域乗り合いバスの統合基準を見直すことが報じられました。

 

地域サービスの存続に着目した新法制定などで独占禁止法の審査に例外規定を導入し、地域シェアが高くなっても統合を認めやすくするそうです。

 

地域社会を支える金融・交通サービスが人口減で失われるのを防ぐ狙いで、ライドシェア(相乗り)の解禁など金融・交通分野で新規参入や収益力向上を促す規制改革も重要になりそうだと報じられていました。