無印良品で統一された国内初のホテルが開業

「無印良品」のブランドで生活雑貨などを販売する「良品計画」が、東京 銀座に国内では初めてとなるホテルをオープンすることが報じられました。

4月4日オープンするホテルは、東京 銀座に完成した複合ビルの6階から10階までを占め、合わせて79の客室があります。

客室には、ベッドなどの家具のほか、部屋着やスリッパ、それに歯ブラシや化粧水といったアメニティーグッズなど、「無印良品」ブランドの商品が置かれています。

これらの商品は、シンプルなデザインなどを売りにしていて、会社では、宿泊客に商品の使い心地を確かめてもらい販売につなげたい考えです。

気に入った商品は同じビルの1階から5階に入る店舗で買うことができるようになっています。

良品計画がホテルを開業するのは国内では初めてですが、中国には2か所あるほか、海外では、アジアを中心に商品の販売が伸びているということです。