火災保険 築年数で値上げに

損害保険大手4社は2021年1月から、住宅向けの火災保険で、築年数や地域に応じた保険料の差を拡大することが報じられました。

 

近年は台風や豪雨といった自然災害が増えており、被害の実態に即した保険料に改めるものです。

 

築年数の長い家屋や災害が多発している地域では保険料が値上がりする一方、新しい家屋や災害の少ない地域では割引につながる可能性があります。

 

三井住友海上火災保険は、築20年以上の家屋で保険料を値上げする方向で、特に築25年以上の場合、全国平均で15%以上引き上げる一方、築15年未満の場合は損害のリスクが低いと想定し、5%程度値下げするそうです。

 

損害保険ジャパンは、築15年以上で値上げする方向で、築年数の短い家屋の割引率は大きくするそうです。

東京海上日動火災保険も築10年以上で値上げする方向で、築年数の短い場合には割引率を大きくするそうです。