消費者態度指数 2ヶ月ぶり悪化 (毎日新聞より)

内閣府が3日発表した6月の消費動向調査によると、消費者心理を示す消費者態度指数(2人以上世帯、季節調整済み)は前月比0・3ポイント減の43・3となり、2カ月ぶりに悪化した。ビールなどの価格上昇のほか、輸送や外食産業の人手不足による値上げの動きが影響したとみられる。基調判断は「持ち直している」のまま据え置いた