東京証券取引所、AIで不正株取引を監視

大量の株式をコンピューターで瞬時に売買する「超高速取引」が広がるなか、東京証券取引所を傘下にもつ日本取引所グループは、膨大な注文にまぎれて不正な取り引きを見逃さないようAI=人工知能をいかした監視システムを新たに導入しました。

 

東京株式市場では、大量の株式をコンピューターで瞬時に売買する「超高速取引」が広がっていることなどで、注文件数がこの5年で3倍に膨らみ、不正取引のチェックが次第に難しくなっており、日本取引所グループでは、株価を意図的に動かす相場操縦を見逃さないようAI=人工知能をいかした監視システムを新たに導入したものです。

具体的にはおよそ70人いる審査担当者のノウハウをAIに学習させ、膨大な取り引きの中から不自然な売買を洗い出す監視業務に活用します。
システムを導入したあとも不正かどうかの最終判断はヒトが行いますが、AIを活用することで業務を効率化でき担当者によるより、精緻な審査が期待できるとしています。