東京海上とNTTコミュニケーションズが提携し中小企業のサイバー防御事業参入

東京海上ホールディングス(HD)はNTTコミュニケーションズと提携し、中小企業をサイバー攻撃から守る事業に参入することが報じられました。

 

外部との通信を監視するサービスの価格を従来の10分の1に引き下げ、システムの脆弱性を自動で診断する仕組みを共同で開発するとのことです。

 

サイバー防御が遅れる中小企業は、「取引先である大企業にとっても脅威」となっており、改善が求められています。