東京海上が、「eスポーツ保険」(主催者向け)販売

東京海上社が、主催者向けeスポーツ保険を販売するというIRが出ました。

 

販売の背景として次のことがIRで発表されています。

国内eスポーツの市場は、2019年の約60億円(※1)から、2025年には約700億円への拡大(※2)が見込まれ、様々な企業が主催者あるいはスポンサー等として市場に参入しており、非常に注目されております。
今後5G(※3)の普及もあり、市場が拡大していく中で、特にサイバー攻撃の標的となる機会の増加が想定されております。また、eスポーツでは、開催会場を設営し人が集まることによるリスクと、ネットワークを活用してバーチャルな空間を利用することによるリスクの両面があり、その双方への対応が求められております。
これらを踏まえ、当社は、eスポーツイベント主催者の抱える多様なリスクに対して、漏れなく必要な補償を提供できるよう、eスポーツ包括保険を開発しました。
(※1) KADOKAWA Game Linkage調査結果より
(※2) 経済産業省「e スポーツを活性化させるための方策に関する検討会」報告書より
(※3) 高速・大容量・低遅延の通信が可能な第 5 世代移動通信システム

 

 

流石、わかってらっしゃる。