東京海上、災害時等の保険金請求手続きをスマホで可能に

災害や事故にあった時、保険会社には電話で連絡をとるのが一般的です。

 

しかし、災害時には電話が混み合って手続きが遅れてしまうことが多かったため、損保大手の東京海上日動は、スマートフォンやパソコンで手続きできる仕組みを整えることになりましたと報じられました。

 

契約者は、災害や事故にあったという連絡や、自動車の被害の状況を伝える写真の送信、保険金受け取りの手続きをインターネットの専用サイトで行えるようになります。

会社では、これによって、保険金の請求が集中する災害時の対応を改善したい考えです。

大手では、ほかに損保ジャパン日本興亜がLINE上で保険の手続きができる仕組みを導入しています。