東京海上 車両保険2倍支払い

東京海上社は2022年1月、新車登録から5~7年以上経過した車が全損した際、保険金を時価の2倍支払う新たな特約を販売することが報じられました。

 

車の高額化や、長く乗りたいという利用者のニーズに対応するもので、保険料は、一般的な契約で最優良運転者の場合、月額500円前後となる見込みだと報じていました。

車両保険は通常、新車登録から時間がたつほどカバーする金額が減り、従来ある特約を付けても5~7年程度で買い替え費用が補償されなくなります。

 

新たな特約では、車の全損時に時価の2倍か、時価に100万円を加算した額のいずれか低い金額を支払うとしています。

 

例えば、200万円の新車が7年目に時価75万円だった場合、新たな特約で150万円を受け取れることになります。

 

自動車は近年、自動運転や安全機能の装備で価格が高くなり、買い替え時に持ち出しとなるケースが増えています。

 

また、大規模水害の頻発により、水没して全損する車も多くなっています。

 

東京海上は2022年1月に、事故率の低下を踏まえて自動車保険料を平均2・0%値下げする方針で、同時期に新特約を導入し、加入を増やしたい考えです。