東京海上 ネット保険

東京海上日動火災保険は主力の自動車や火災保険で、契約から支払いまでインターネット上で完結できる仕組みを導入することが報じられました。

 

オンラインで商品を説明し、紙で受け取っていた車検証や口座書類は電子化するそうです。

代理店の担当者は顧客の希望に応じテレビ会議形式で対応するそうです。

損保商品のネット販売はネット損保各社が先行しますが、最大手の東京海上も導入に踏み切ることになります。

 

年約1600万件の紙を伴う手続きを2021年から電子データに切り替え、23年までのペーパーレス化をめざすそうです。

2020年12月にまず自動車保険でオンラインの商談を始め、顧客は商品についてスマホやタブレットを通じて説明を受けた後、手元のスマホなどから契約手続きができるようにします。火災保険も順次対応していくそうです。

 

自動車保険に必要な車検証や火災保険のための建築年の確認書はスマホで撮影したものを受け付け、書類はクラウド上で管理し、必要な書類に漏れがないかを人工知能(AI)が判定するそうです。

 

保険料を支払う口座振り替えもネット登録を可能にすることで、口座振替依頼書への記名、なつ印、送付が不要とします。これまで手続きの10%弱で銀行印の不備などがあり、手続きに時間がかかっていた問題がこれで解消することになります。

 

東京海上は19年以降、事故受け付けから保険金の請求まではネット対応への移行を進めてきましたが、今回の見直しで、契約から保険金支払いまで一連の流れがオンラインで済むようになります。

ウェブ操作に不慣れな契約者らのためには従来の紙の手続きも維持するそうです。

 

紙のやりとりが大幅に減れば、社員は在宅でも新規契約や更新などの基幹業務を進められるようになり、契約者の利便性の向上と働き方改革を同時に進めることになります。