東京海上 「MaaS」保険販売へ

東京海上ホールディングス(HD)は2020年にも次世代移動サービス「MaaS」に対応した保険を売り出すことが報じられました。

 

MaaSは鉄道やバス、タクシーなどに加え、ライドシェアや自動運転などを組み合わせて目的地まで移動します。

 

現在の保険は鉄道や航空など交通手段ごとに分かれていますが、一括して提供するそうです。

 

保険はMaaSの事業者向けに提供します。

 

交通手段の遅れで利用客がイベントに参加できなかった場合のキャンセル料もカバーできるものになるそうです。

 

保険料は1人あたり、1回の利用で数百円などを想定。

 

事業者は保険料の一部を料金に転嫁するため、消費者は料金の支払時に保険料を負担する形になりそうだとしています。

 

保険料は交通手段ごとのリスクを分析して決め、事故が少ない鉄道で移動する距離が長ければ保険料が安くなるそうです。

 

また、自動運転のリスクに見合う保険料を検討するそうです。

 

MaaSやカーシェアが普及すれば、自動車を保有する個人が減るため、保険会社は自動車保険が先細りすると警戒しており、移動手段の変化に対応した商品開発が各社の課題となっていると報じていました。