来年の正月は長期ということで、早くも「おせち」が販売

まだまだ半袖という時季に、早くも東京都内の百貨店で来年のおせち料理が発表されました。

 

今年は、平成の世の中を世代別、ニーズ別に分けて提案し、世代としては、バブル、アムラー、ミニマム、ゆとり、ニーズは高齢者、ファミリー、健康志向でそれぞれに合わせたおせちを用意した百貨店もあります。

 

今やおせちは「家で作る」から「買う」時代。