朝日生命が軽度認知症特約を発売へ

朝日生命保険は、軽度認知障害保障特約を4月に発売すると報じられました。

 

認知症の前段階となる軽度認知障害(MCI)を一時金で保障し、認知症予防などを支援します。

同社は2016年4月に認知症保険を販売し、これまで約11万件の契約実績がありますが、同特約は年間1万2000件の販売を目指すとのことです。

 

要介護1以上で保険料の払い込みが免除となり、取扱金額は5万円以上30万円以下。

保険料は給付金額を10万円に設定し契約年齢が40歳で80歳満了の場合、男性が月203円、女性が月159円。

予防の観点から脳トレアプリなどを提供するとしています。

 

25年に65歳以上の約3人に1人が認知症もしくは、MCIに相当する推計があり、大手から中堅まで認知症関連保険の販売に乗り出しています。