最低賃金を今年10月にも全国平均で3%超上げて時給900円超に

企業が従業員に支払わなければならない最低賃金が2019年10月にも全国平均で時給900円を超える見通しになったと報じられました。

 

厚生労働省の中央最低賃金審議会(厚労相の諮問機関)で月内に全国平均の引き上げ幅の目安を決めます。

 

現状から3%超の上げ幅になる方向。

 

大幅な引き上げで、家計の所得を高め、景気の下支えやデフレ脱却を後押しするとしています。