昨年の交通事故死、1948年以降で最小の3694人に

昨年1年間の全国の交通事故死者数が前年より210人少ない3694人となり、統計が残る昭和23年以降で最少となったことが、警察庁のまとめで分かったと報じられていました。

 

最多だった昭和45年の1万6765人と比べ、ほぼ5分の1まで減少しました。

 

これまでの最少は昭和24年の3790人で、記録の更新は68年ぶりとなります。

 

警察庁によると、全体の死者数のうち65歳以上の高齢者は2020人で、前年より118人減少しましたが、全体の54・7%と依然として高水準で推移しています。

飲酒による死亡事故の件数は201件で、前年より12件(5・6%)減りました。

 

昨年11月末までに発生した死亡事故の分析によると、状態別では歩行中が1171人で最も多く、次いで自動車に乗車中が1106人でした。

 

若者の自動車離れや自動車の安全性の向上が寄与していると思いますね。