明治安田生命 外貨建て保険に贈与機能

明治安田生命保険は、12月2日に資産形成と贈与を特徴とする2種類の外貨建て一時払い終身保険を販売することが報じられました。

 

契約日から一定期間の死亡保障などを抑えて将来の受取額を増やす“トンチン性”のほか、保険のスキーム内で簡単・計画的に生前贈与できる機能を備えるというもので、贈与機能を持つ外貨建て保険の販売は同社で初めて。

 

生存給付金の受取人を配偶者や子どもに設定して贈与でき、同社が発行する書類が贈与契約書の代わりとなり記録の手間も省けます。

 

非課税となる110万円以下に給付上限額を設定することも可能。

 

円安などを要因に、受取額の上限を超えても翌年以降に繰り越しでき、為替リスクによる受取額の変動影響を低くしているそうです。