日生、障がい者を雇用する特例子会社の新社屋が大阪に完成

日本生命保険は障がい者を雇用する特例子会社のニッセイ・ニュークリエーション(NNC)の新社屋を大阪市西淀川区に完成し業務を始めたことが報じられました。

 

障がい者の雇用を増やすのが狙いで、2019年4月時点で282人の障がい者雇用を、計画では23年4月に約400人へ増やすとしています。

 

NNCの新社屋は4階建てで、延べ床面積8875平方メートル。

車いすでも4階から1階に自力で降りられる傾斜の緩やかな外周スロープや、個室空調付きの車いす用トイレ、一人きりで休息できる個室ボックスなど、従業員の要望を多く採り入れたものになっており、障がい者が就業する事業所としては、関西地域で最大規模になるそうです。

 

NNCは93年設立で保険業界で初の特例子会社で、日本生命から事務や印刷・製本などの業務を受託している会社になります。