日本語対応AIスピーカー、アマゾンが年内に発売 (NHKニュースより)

アメリカのアマゾンは、人工知能を搭載し人の呼びかけでさまざまな機能を発揮する「AIスピーカー」を年内に日本で発売すると発表し、すでに日本市場への参入を決めているグーグルとの間で今後、激しい競争が行われそうです。

人工知能を搭載した「AIスピーカー」は、人の呼びかけに応じてさまざまな機能を発揮する機器で、スマートフォンに続く次世代の戦略商品として市場の拡大が期待されています。

こうした中、アメリカのアマゾンは、日本語に対応できるAIスピーカーの新型モデルを年内に日本で発売すると発表しました。話しかけると言葉を認識して、音楽をかけたり、ニュースを知らせたりするほか、今後家電製品を操作する機能などを加えていくことも検討するとしています。

「AIスピーカー」がすでに普及しているアメリカでは、アマゾンとグーグルがみずから製品を販売するだけでなく、自社の技術を他社の製品に搭載することで市場を幅広く押さえようという競争が激化しています。
日本市場では、グーグルが近く「AIスピーカー」の販売を始めることを決めていて、今後、アメリカの2社が日本でも激しい競争を繰り広げようとする中、日本勢がどう対抗していくのか注目されます。