日本大学の志願数半減

医学部の不適切入試のほか、アメリカンフットボール部の悪質販促が問題となった日本大学の志願数は、21日現在55003人で、まだ願書を受け付けている最中ですが、昨年の最終志願者数114316人の約半数に百々っていることが報じられました。

 

企業対応のまずさから企業ブランドを失墜させるとこうした流れになります。

 

受験料収入が半減すると経営を厳しくしますね。