日本人の自然減 49万人 65歳以上の総人口に占める割合は28.4% 3人に1人は65歳以上が近づく

総務省がまとめた2019年の人口推計では、死亡数から出生数を引いた日本人の自然減は前年から14%増の49万人で過去最多となったと報じられました。

 

一方、75歳以上の人口は50万人超増えて総人口の15%に迫り、超高齢化が加速する結果となりました。

 

埼玉県など後期高齢者が急増する大都市圏では、介護施設の供給が追いつかなくなる恐れもあると報じていました。

 

65歳以上の人口が総人口に占める割合は28.4%と3割に近づいています。