新築マンション市場 減速鮮明に 初月契約率が27年ぶりの低水準に

新築マンションの市場が曲がり角にさしかかっていると報じられました。

 

不動産経済研究所(東京・新宿)が22日にまとめた首都圏の2018年の統計では、販売を始めた月の戸数のうちどれだけ契約に至ったかを示す「初月契約率」が平均で62.1%で27年ぶりの低水準となったそうです。

 

人件費上昇などで価格は下落しそうもなく、共働き世帯の需要が底堅い駅前を除けば市場の減速が鮮明になっているそうです。