新型コロナウイルス感染拡大で大企業のテレワーク延長へ

大手企業の間では、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため行っている在宅での勤務、テレワークの期間を延長する動きが広がっていることが報じられました。

 

このうち、化粧品大手の資生堂は、国内の従業員およそ8000人について、先月26日から今月15日までを期限として原則、在宅での勤務とするテレワークを行っています。しかし、感染の拡大が続いているとして、テレワークの期間を今月31日まで延長することを決めました。

また、大手商社の三菱商事も、国内で勤務するおよそ3800人の従業員について、今月15日までとしている原則テレワークの期間を今月31日まで延長します。

このほか、大手食品メーカーの日清食品ホールディングスは、今月23日まで、大手商社の住友商事は、当分の間、それぞれ原則テレワークとする期間を延長しました。

 

新型コロナウイルスの感染の拡大が続くなか、政府が、今月10日に大規模イベントなどの自粛要請を継続する方針を示していて、大手企業の間でテレワークを延長する動きが広がっています。

 

テレワーク中の人、数人とWEB会議で話をしましたが、テレワークで十分仕事ができることがわかって、今後定着する切っ掛けになると言っていました。