新型コロナの影響による生命保険料の支払い猶予申込み20万件超に 

生命保険各社が、新型コロナウイルスの影響で資金繰りが厳しくなった契約者を対象に、保険料の支払いを猶予する特別措置への申し込みが、先月までに20万件を超えたことが分かったことが報じられました。

 

業界団体は、厳しい状況が今後も続く場合には、追加の対応も検討することにしています。

 

生命保険各社は、新型コロナウイルスの影響で収入が減るなど資金繰りが厳しくなっている契約者を対象に、最長で来年4月まで保険料の支払いを猶予する特別な措置を取っています。

これについて、生命保険協会は先月末の時点で申し込みが20万9000件に上っていると明らかにしました。

そのうえで「東日本大震災の際と比べても速いペースで増えている。新型コロナウイルスが家計を直撃している状況が読み取れる」と述べ、今後、必要があれば追加の対応を検討する考えを示しました。