新型コロナの影響で、がん検診 大幅減少

コロナウイルスの影響で自治体が行うがん検診を受けた人が大幅に減り、特に5月は去年の同じ時期と比べて8%にとどまったことが日本対がん協会の調査で明らかになったと報じられました。

協会は「受診が遅れるとがんが進行してから見つかる可能性もあるため、検診を受けてほしい」と呼びかけています。

がん検診は、がんを早期に見つけ死亡率を下げるために行われ、自治体が行う検診は年間、のべ1100万人が受け、1万3000人のがんが発見されています。

各地でがん検診をすすめている公益財団法人、日本対がん協会は、新型コロナウイルスの影響を調べるため、ことし6月、全国42道府県の支部を対象にアンケートを行い、32の支部から回答を得ました。

それによりますと、胃がんや乳がんなど5種類のがんについて検診を受けた人は、ことし3月以降、減り始め、去年の同じ時期と比べて3月は64%、4月は16%、5月は8%になるなど大幅に減りました。

 

協会は、検診の中止や、感染を懸念して受診を控える人が増加したのが原因とみています。

日本対がん協会は「受診が遅れてがんが進行してから見つかると治療に影響する可能性もある。地元自治体の集団検診を受けるのに抵抗がある場合は、医療機関でも受診は可能だ。現場では感染対策をしっかりとっているので、早期発見のためにも検診を受けてほしい」と呼びかけています。