新型コロナで働き方改革 東芝 週休3制へ

東芝は6月以降、国内の製造現場を対象に週休3日制を導入する方針を固めたことが報じられました。

 

出社する日の勤務時間を増やすことで労働時間の合計は変えずに、従来より休日を週1日増やします。

 

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため出社の頻度を減らす狙いです。

 

製造業では半導体大手のルネサスエレクトロニクスも週休3日制を導入すると発表し、新型コロナの影響の長期化を見据え、企業も新たな働き方を模索し始めたと報じていました。

東芝は、約7万6千人の東芝グループ全従業員のうち、工場の製造現場などの約1万人を対象とするそうです。

製造現場は生産ラインが稼働する工場で働く必要があり、在宅勤務が難しいため、1カ月の所定労働時間(約160時間)分勤務すれば、出社する日数によらず、給与が満額支給されるようにするそうです。

あわせて事務や営業、エンジニアなどの研究開発部門の出社機会を減らすため、完全フレックスタイム制を導入するそうです。

東芝は通常の休日に加えて、本来の勤務日も夏季休暇の前倒しの措置をとることなどで、4月20日から5月6日まで国内の全拠点を休業しています。

7日以降は営業を再開する方針ですが、在宅勤務や時差出勤などを強化し、新型コロナ感染拡大の抑止につなげたい考えだそうです。