改正健康増進法一部施行 学校など屋内完全禁煙へ 

受動喫煙対策を強化する改正健康増進法が7月1日から一部施行され、行政機関や学校、病院などの屋内を完全に禁煙にする規制が始まります。

これに合わせて、東京都は都庁の本庁舎の敷地内にある喫煙所をすべて廃止しました。

都庁の本庁舎ではそれぞれの喫煙所を都の職員がまわって、閉鎖を知らせる紙を貼り、入り口に施錠をしました。

今後は、都庁の敷地内で喫煙ができなくなりますが、都の職員や都庁を訪れた人が近くにある公園やビルの喫煙所で喫煙するケースが増えることを懸念する声もあるということです。