損保ジャパン、AIの性能を保証する保険の販売へ

損害保険ジャパン日本興亜は近く、人工知能(AI)の開発企業向けにAIの性能を「保証」する保険を売り出すことが報じられました。

 

システム会社が納入先に事前に約束した性能を発揮できなかった際に、損保ジャパンが導入にかかった費用をシステム会社に代わって納入先に補償するというもの。

 

主に工場の不良品検査や設備故障の予測に使うAIへの採用を見込むそうです。

 

AIの性能を保証する保険は損保大手で初めてで、保険料は平均で約200万円、保険金は同2000万円を想定しているそうで、5年後に10億円の保険料収入をめざすとのこと。

 

損保ジャパンはシステム会社のAIの性能をこれまでの実績をもとに審査して契約。

 

システム会社が実証実験を経てAIを納入する際、不良品の検出や故障予測の精度を保証すると契約書に定め、損保ジャパンは精度が規定を満たさなかった場合に保険金を支払います。

 

AIは膨大なデータを基に不良品を見極めるなどするが、実際の導入時に正確に動作しないリスクはあります。

 

実証実験で性能を確認しても導入をためらう企業は少なくないので、保険でリスクをカバーすれば、納入先が投資に踏み切りやすくなると想定しています。