損保ジャパン、住宅金融支援機構加入者にネットで地震保険加入 

損保ジャパン日本興亜は3月20日から、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)で融資を受けた住宅の地震保険加入手続きを、インターネットのみでできるようにすると報道されました。

 

紙の書類が不要な「ペーパーレス」にして手続きを簡素化し、加入率向上を図る。

対象は、機構の融資を受けた住宅に付ける「特約火災保険」(2016年3月に新規引き受けは終了)の加入者443万件のうち、地震保険に未加入の308万件。