損保 豪雨被害の把握にIT活用

九州での豪雨被害を受け、損害保険会社や金融機関が対応を急いでいることが報じられました。

 

被災状況を迅速に確認して保険金を支払うため、大手損保は人工衛星やドローン、LINE、スマートフォンなどのIT(情報技術)を最大限活用するとしています。