投信手数料下げ拡大

日本で個人向け投資信託の運用手数料の引き下げが広がってきたことが報じられました。

 

三菱UFJ国際投信はグローバル株式に分散投資するETFの手数料を世界最低とします。

 

運用期間中ずっと払う必要がある手数料の引き下げは積み立て投資など長期運用で効果を発揮すると報じられていました。

 

公的年金だけに頼らず、自助努力による資産形成の重要性が増すなか、低コスト化は個人の長期投資を促すことにつながりそうです。